成長する為に (世界選手権AOZ予選1日目/女子)

_ITO0015.jpg ZITO8387.jpg ZITO8567.jpg ZITO8463.jpg

スターティングメンバー【#4吉田・#7増子・#10萩野・#11古野・#15網本】

ロンドンパラリンピック銀メダルのオーストラリアとの一戦。
試合は序盤からオーストラリアのスピードあるオフェンスと高い位置からのディフェンスに翻弄される。
日本はシュート成功率がトータルで20%強と低く、
タフショットもあったがイージーショットを落とす場面も多く、
一気に流れをオーストラリアに持っていかれてしまい、流れが戻ってくることはなかった。
試合は28-64で、ばなJAPANの初陣は黒星スタートとなったが、下を向いている余裕はない。
2日目の中国戦に気持ちをしっかり切り替えて試合に望んで欲しい。

【橘HCのコメント】

イージーショットを入れても簡単に勝てる相手ではないが、
世界と日本の位置を全員で確認できたのが大きな収穫。
オーストラリアの一番強いセットとどこまでやれるようになるのか、
大会を通して成長していきます。

○1日目の試合結果(女子)

オーストラリア 64-28 日本
中国 85-14 タイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会