ヨーロッパ予選の試合結果(広報担当:伊藤)

本日まで一日ごとにヨーロッパ予選の結果をツイッターでお届けしていましたが、
このブログで少しまとめておきたいと思います。

男子は12チーム出場して6チームの2グループに分けて予選を戦いました。

<グループA>
ドイツ・オランダ・スペイン・ポーランド・スウェーデン・フランス
<グループB>
トルコ・イタリア・イギリス・イスラエル・ベルギー・スイス

女子は7チームの出場で予選は全チーム総当たりのリーグ戦を戦いました。

ドイツ・イギリス・オランダ・フランス・スペイン・トルコ・イスラエル

この各グループの左からの順番が予選の結果となっています。

決勝トーナメントを戦った後の最終結果です。

男子

優勝:イギリス・準優勝:ドイツ・3位:スペイン
4位:ポーランド・5位:イタリア・6位:トルコ
7位:イスラエル・8位:オランダ・9位:スウェーデン
10位:ベルギー・11位:フランス・12位:スイス

女子

優勝:ドイツ・準優勝:オランダ・3位:イギリス
4位:フランス・5位:スペイン・6位:トルコ・7位:イスラエル

昨年行われた世界選手権では男子はフランスの準優勝、イタリアが4位、イギリスが5位、ポーランドが6位に入り、
女子はドイツが準優勝、オランダが6位に入りました。
パラリンピックの地域枠をヨーロッパ男子は「5」、女子は「3」としました。
これは男子では世界選手権の7位まで、女子は5位までの入賞した所属地域、とパラリンピックの開催国、そして、各地域のチャンピオンの4カ国(アジア・オセアニア/ヨーロッパ/アメリカ/アフリカ)で計12チームがパラリンピックの切符を手にすることが出来ます。

男子優勝、女子3位のイギリスは既に切符をてにしてるわけなのでそこは確定しているのですが、
他の3チームのパラリンピックの出場に関する記述を見つけられていませんので、
分かり次第お伝えしたいと思います。

また、もしそんな記述・情報が更新されてますよ!なんて情報を知っていましたら、
ツイッターなどでもお知らせいただけると助かります!

またヨーロッパ予選のHP(http://www.ecmw.eu/)では試合の映像を配信していますので、
どんな選手がいるのかの映像も見ることも出来ますし、
予選の詳細な結果も見ることが出来ますので是非興味があればご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会