2日目 決勝は宮城MAXとNO EXCUSEに!

本日準決勝が2試合行われた。
準決勝第一試合ではNO EXCUSEとワールドBBCが対戦。
NO EXCUSEは高さのある池田選手(#91)にボールを集め得点を重ね、リズムを作っていく。
一方ワールドは5人のタイミングを合わせたオフェンスでディフェンスの隙間を縫って、ペイント内に侵入し、チャンスを作っていく。
ベテラン勢の多いチームの中で20代のキャプテン竹内選手(#7)が、
縦横無尽にコート上を駆け回り、チームを鼓舞し続けてきたのが強く印象に残る。
試合は目まぐるしくメンバー交代を繰り返しながら相手にペースを握らせないNO EXCUSEが、
香西選手(#55)だけでなく、池田選手(#91)、佐藤選手(#11)と様々なところから得点を重ねていくことに成功し、
73-45で勝利し決勝戦進出を決めた。

準決勝第二試合では宮城MAXと埼玉ライオンズが対戦。
宮城MAXは序盤から藤井選手(#30)の確立の良いミドルシュートで得点を重ねていき、
一方埼玉ライオンズは藤本選手(#4)と逆サイドに陣取る大舘選手(#17)にボールを集め、
厳しいシュートもねじ込んで食らいついていく。
試合は途中車椅子トラブルで主力の永田が試合を離れなくてはいけないアクシデントがあったものの、
16才の赤石選手(#9)が代役をきっちり務める素晴らしい活躍もあった。
最後の最後まで粘り強く戦い抜いたライオンズではあったが、一歩届かず、64-50で宮城MAXが決勝に進出した。

5-6位決定戦では土子選手(#4)が52得点を挙げる活躍でパラ神奈川SCに81-54で勝利した。

三日目の予定
11:30~三位決定戦 埼玉ライオンズ×ワールドBBC
14:30~決勝戦 宮城MAX×NO EXCUSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会