中国に完勝、今大会シンペーJAPAN初勝利!!(世界選手権AOZ予選2日目/男子)

_ITO0381.jpg ZITO0633.jpg ZITO0445.jpg ZITO0959.jpg ZITO0790.jpg

スターティングメンバー【#4藤井・#7香西・#11豊島・#12千脇・#15藤本】

試合序盤からバックピックのオフェンスがしっかり決まっていき、
藤本のミスマッチショットで日本のリズムを作る。
中国の要ビッグマン#8HAIは1Qでファールが3つとファールトラブル、
さらに香西の3連続スリーポイントで一気に点差を離し1Qを23-6で終える。

この日最も輝きを放った選手は初代表の川崎。
2Q途中でその香西に代わりコートに立ち、
細かいフェイクから相手を出し抜く一漕ぎがとても早く、
中国選手は翻弄されてファールを重ねました。
自身も8得点2アシストと初代表と思えない程落ち着いたプレーで21分間プレーした。
試合は後半は土子・宮島の「成長」させるラインナップをメインに使いながら、
74-40で中国に対して完勝した。

◆現地からのツイート◆

○2日目の試合結果(男子)

11/23(Sat.)

CHN 40-74 JPN
KUW 22-113 AUS
KOR 81-22 NZL
IRN 63-31 MAL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会