U25wwbcの各国の紹介 〈 通訳担当スタッフ/山本聖子 〉

世界で初めて行われるWomen’s U25 World Championshipsが日本時間の7月16日深夜0時、
ドイツvs日本戦をもって始まります。全部で8カ国のチームが参加しており、
まずは4チームずつに分かれて予選リーグを行います。ちなみに、日本はカナダ、ドイツ、
南アフリカと同グループです。予選リーグの結果によってプレイオフラウンドでの組み合わせが決まり、
優勝を争います。以下、大会公式HPより一部抜粋し、各国チームについて簡単に紹介したいと思います。

◆Australia

オーストラリアU25チームは、今回のWomen’s U25 World Championshipsが初舞台となる。注目選手
としては、#5のCobi Crispinと#6のBridie Keanが2008年北京パラリンピックで銅メダルを獲得した代
表チームのメンバー、また#7のAmber Merrittを加えたこの3名が2010年世界選手権でプレー経験あり。

◆Canada

カナダも、今回のWomen’s U25 World Championshipsが初舞台となる。注目選手としては、#7の
Cindy Ouelletが2008年北京パラリンピックに出場、そして2010年世界選手権では代表チーム
のメンバーとして銅メダルを獲得している。#8のMaude Jacquesと#13のJamey Jewellsも代表チーム
でプレーしている。

◆Germany

2009年からU25チームとして活動し始め、2009年ドイツで行われたArtland Open Tournamentに出
場、2010年ベルギーで行われたIWBF-Europe Camp and Tournamentに出場、
さらに2011年ドイツで行われたArtland Open Tournamentにも出場している。注目選手としては、
#4のMareike Adermann、#11のMaya Lindholm、#12のAnnabel Breuerが2009年ヨーロッパ選手権で
金メダルを獲得し、また2010年世界選手権では銀メダルを獲得している。

◆Great Britain

メンバーのうち6名がA代表でプレーしており、
#7のHelen Freemanは2008年北京パラリンピックでの試合経験がある。

◆Mexico

詳細情報なし。

◆South Africa

詳細情報なし。

◆United States

U25チームの活動は、今年が一年目となる。注目選手としては、#4のRebecca Murray、
#5のDesiree Miller、#12のCaitlin McDermottが2010年USA National Women’s World Championships
メンバーで、#4 Murrayは2010年のオールスターチームの一員に選ばれている
またスタッフにはJキャンプで海外講師として来日したStephanie Wheeler(ステフ)がヘッドコーチとして、
Matt Buchi(ブッシー)がアシスタントコーチとして選出されています。

◆Japan 

我らが日本チーム!今回、初めて日本でU25チームが結成されたため、チームとしての経験は浅いが、
日本代表としてプレー経験のある選手が2名、さらにA代表のメンバーも2名おり、
その他の若い世代を引っ張っていってくれるだろう。注目選手としては、
#15の網本麻里選手が2006年から代表チームでプレーしている。2010年世界選手権では
一試合の得点数ランキングで第8位、3ポイント成功率では第5位に選ばれた。
また、2005年ジュニア世界選手権のメンバーでもあり、銀メダルを獲得している。
そして、当法人スタッフの橘がヘッドコーチ、原田がアシスタントコーチとして選出されています。

大会公式HPからは、全試合のライブ中継が見られます。
日本では深夜から朝にかけてのちょっとツライ時間帯ではありますが、
何と言っても世界初のWomen’s U25 World Championshipsです。
見逃すなんてもったいない!皆さん一緒に若い日本代表チームにエールを送りましょう!

〈ライブ中継〉
→ http://www.u25wwbc.com/u25-hub/watch-the-games-live/

〈 通訳担当スタッフ/山本聖子 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会