巧みなファウルゲームで臨むも日本AUSに惜敗!53-56 〈 試合レポート・事務局/金子 〉

予選ラウンド1試合目のドイツ戦から着実に成長をし続けてきた日本。
ディフェンス・オフェンスの選択肢も毎試合ごとに増え、充実した形でAUS戦を迎えた。

結果は53-56の3点差で負けてしまったが、シュート確立、リバウンド、
とも日本が勝っており、大黒柱の網本麻里がスコアリングリーダーとなった。

ラスト1分を切ってからのファウルゲームを非常に巧みに仕掛けた日本が内容も
有利に運んだが、最後の網本麻里の3ポイントショットが決まらず、
残念ながら敗戦となった。

勝負所の第3Qでは、AUSがプレスで勝負をかけてきた。
しかし日本は相手の強いプレッシャーを的確なクロスピックでかいくぐり、
アウトナンバーで高い確率のシュートを決め、得点差を逆に詰めていくこととなった。

これが第4Qで素晴らしいボールゲームになった要因だ。

そしてHCの采配の光った見事なエンドゲーム。
先日の南アフリカ戦の萩野真世、今日の内海萌のインタビュー中聞かれた
「コーチの指示にしっかり従って」
ということばから象徴されるように、コーチの意図をしっかりと理解し、
それをコート上で表現する選手たち。

ラスト12秒、内海に代わって入ったスピードのある北田千尋は、
すぐにファウルをしてそのまま内海と再度交代、自分の役割を果たした。

北京パラリンピックの準決勝、カナダとアメリカのファウルゲームを思い出した。
あのとき、パトリック・アンダーソン、ジョーイ・ジョンソンらの控えだった
アダム・ランシア選手は、パトリック・アンダーソンと交代、
1回のファウル後すぐにアウトした。

「ファウルゲームを(今大会)何度も経験できているので、チームとしても
とても良い経験になっていると思う」
と内海選手。

ベンチとコートが一体となった試合に、試合終了後、涙が止まらず、
「ありがとう!」
という言葉が自然に出てきた。

日本は今大会中試合ごとに成長し続けているだけに、
次のメキシコ戦でもさらに良いチームを見せてほしい!

GO!フレッシュJAPAN!!!

(事務局カネコ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会