日本対カナダ52-65で敗戦、しかし日本の柱は見えた!〈 試合レポート・事務局/金子 〉

完全アウェイの中、日本対カナダは52-65で試合終了。

前回のドイツ戦から比べると見違えるように向上した日本。
北田千尋を積極的に使うことにより(21分、11得点)、
スピードある攻撃とインサイドを中心とした内海萌(23分、13得点)の攻撃の
二つの柱(網本麻里+北田、網本麻里+内海)ができた。
そしてこの二つは十分機能してきた。

一方カナダは、その二つの柱に対して、ディフェンススタイルを的確に変え、
対策をしたことにより、日本の流れを作ろうとする動きを要所要所で断ち切っていった。

また日本は最後まで♯7Cindy Ouelletの速いドリブルからの攻撃を
封じ込むことができず(10/25 25点)、カナダの流れを最後までとらえることができなかった。

ポイントは第3Qの後半で日本が8点差まで詰め寄ったところ。
そのときにカナダがスイッチを変え、♯7Cindyを中心としたスピードのあるアタックを
封じ込むことができず、日本はその先に行けなかったことが勝負を決めた。

しかし、解説のJerry(現カナダ男子代表ヘッドコーチ)が
「残り18秒12点差でも最後まであきらめず、しっかりタイムアウトを取り、
エンドゲームシチュエーションのプレイをする日本は、その勤勉で誠実なプレイが
最後まであきらめない気持ちにしっかりつながっている」
と語るように、最後までベンチとコートが一丸となって戦っていた。

この2戦を振り返ると、圧倒的なボールハンドリングからの得点をする選手に対し、
日本がチームとしてどう守るのかがポイントとなった。
日本は、ディフェンス、オフェンスとも、確実に向上しており、次の南アフリカ戦は、
しっかりとチーム力で勝ち、良いイメージを持って決勝トーナメントに入ってほしい。

3位でBプールを通過すると考えると、
Aプールのアメリカが今日オーストラリアに勝ったので(オーストラリアはイギリスに勝っている)、
決勝トーナメント1回戦はオーストラリアかイギリスになるだろう。

GO!!!フレッシュJAPAN!!!!!

(事務局 カネコ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会