2014日本選手権 一日目

日本選手権の一日目が東京体育館で行われ、ベスト4が出揃いました。

_TOX0011.jpg

まずは6連覇を目指すチャンピオンチーム、第1シードの宮城MAX
1回戦、2回戦ともに危なげない戦いで勝ち進んでいます。

_TOX1999.jpg
レイアップを決める宮城MAXの豊島選手

次に昨年準優勝の第2シードのNO EXCUSE。
菅澤選手や安選手などのベテランだけでなく若手の湯浅選手、田中選手の活躍も目立ちました。

_ITO1003.jpg
ボールを必死に追いかけるNO EXCUSEの田中選手

そして、昨年出場を逃したものパワーアップして帰ってきた強豪、千葉ホークス。
1回戦で昨年の第3位のパラ神奈川SCを破った佐世保WBCとの2回戦もしっかり勝ち、準決勝へ。

_ITO0684.jpg
千葉ホークスの高さあるディフェンス

最後に、準々決勝でワールドBBCを破る金星を上げた埼玉ライオンズ。
試合序盤はワールドBBCがペースを握って進んでいきましたが、
若さとスピード溢れる埼玉ライオンズのオフェンスに徐々にペースを奪われ、
試合終了まで駆け抜けた埼玉ライオンズが準決勝へと駒を進めました。

_H6H1367.jpg
試合後喜びに沸く埼玉ライオンズの選手たち

また昨日の試合の様子をtoggeterでまとめましたので、
ご興味がございましたら是非そちらも一読頂ければと思います。

<Jキャンプツイート中継>
清水M・S・T 対 NO EXCUSE
千葉ホークス 対 佐世保WBC
埼玉ライオンズ 対 ワールドBBC

*二日目より@Jcamp_Reportが中継用ツイッターアカウントになります。
そちらも是非フォローをお願いします。

準決勝は10時より宮城MAXと埼玉ライオンズ、千葉ホークスとNO EXCUSEで行われます。

<1回戦の試合結果>

宮城MAX 88-32 広島Rise
三重チャリオッツ 65-43 COOLS
TEAM EARTH 39-66 埼玉ライオンズ
長野WBC 32-75 ワールドBBC
パラ神奈川SC 54-58 佐世保WBC
千葉ホークス 70-29 高知シードラゴンズ
太陽の家スパーズ 83-42 旭川リバーズ
清水M・S・T 44-56 NO EXCUSE

<2回戦の試合結果>

宮城MAX 78-31 三重チャリオッツ
埼玉ライオンズ 58-45 ワールドBBC
佐世保WBC 44-72 千葉ホークス
太陽の家スパーズ 44-80 NOEXCUSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会