フレッシュJAPAN、なでしこに続いて初勝利!〈 試合レポート・事務局/金子 〉

予選リーグ3戦目となる南アフリカ戦、53-17で初勝利をおさめたフレ
ッシュJAPAN!!!

記念すべきU25女子世界選手権のオープニングゲームとなったドイツ戦、次
のカナダ戦と連敗したものの、1試合ごとに成長していく良い内容で、次に進
むための礎を築くことができたはずだ。

特にディフェンスでは、Tカップディフェンスの2つのパターンの使い分けが
うまく機能し始め、リバウンドを取ってからの速い攻撃で得点をとるというこ
とが安定してできていた。
また、網本麻里のトップからのエントリーによるオフェンスでの攻撃パターン
も新しく加わり、さらに多くの選択肢を持って決勝トーナメントに進めるに違
いない。

何といっても、今日の試合では全員出場を果たしたフレッシュJAPAN。
試合後、「40分フル出場で素晴らしい活躍を見せた」と紹介され、インタビ
ューを受けた萩野真世選手。今日はチームでこれまで取り組んできたことがで
きた、というインタビューでのコメントを聞いても、ひとつひとつを「チーム
として」しっかりと積み重ねている様子がわかる。出場が決まってからの準備
期間が短かったにもかかわらず、良い形でチームワークを作り上げているとい
うことだろう。

予選グループBを3位通過し、日本時間20日の2時15分から、グループAを2位
通過してきたオーストラリアに挑むフレッシュJAPAN。まずはプレイオフラ
ウンド、みんなで応援しよう!!!

(事務局カネコ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会