ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア予選まであとわずか。(事務局:金子)

IWBF会長のMaureen Orchardは、いよいよあとはアジア・オセアニア予選、ということで公式HP内で

「女子は今回、オーストラリア、中国、日本、そして韓国が出場します。
韓国にとって、初めて女子のチームの出場であり、私も本当にうれしく思います。

他のチームの皆さんが、韓国女子チームの初の大きな大会出場を助けてくれるだろう
と思っています。そしてそれは、女子が世界に広がっていくことを後押ししてくれる
ものと確信しています。

また男子では、しばらく出場のなかったニュージーランドが今回戻ってきてくれたこと、
そしてチャイニーズタイペイ、イラク、クウェートが2010年12月の広州アジアパラに続き、
出場となったこともすばらしいことです。

中国の男子チームがこれに加わればなおよかったのですが、
それはまた次回ということになるでしょう。」

また、全試合は韓国のサイト内でライブスタッツがみられるようになる、ということも書かれています。
詳細は後日また発表されるとのことなので、発表され次第、また皆さんにお知らせします!

Jキャンプスタッフも現地入りして皆さんに現地からの情報をお知らせします!
いよいよ予選まであとわずか!

みんなで応援しましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会