London2012 Day 3

おはようございます.ばなです.
朝方,久しぶりに夕立のような雨が降りました.
朝なのに夕立って変ですよね…朝降った雨はなんていうんだろう?

さてさて,ロンドンパラリンピック3日目の結果です.

男子
予選プールA
トルコ  65-60 イタリア
アメリカ 91-29 南アフリカ
オーストラリア 75-59 スペイン

予選プールB
日本   49-64 ドイツ
イギリス 81-41 コロンビア
カナダ  83-65 ポーランド

プールAは概ね予想通りの結果となったと言えるでしょうか.
トルコとイタリアは最終スコアは接戦になりましたが,
試合は終始トルコがリードを保った展開でした.

プールBは日本対ドイツがなんと言っても注目でしたが,
残念ながら初勝利はまたもやお預けとなってしまいました.
しかし,昨日のポーランド戦からはかなりディフェンスもオフェンスも質が上がり,
第3Q終了の時点で38-38の同点.
しかし第4Qでいっきに引き離されてしまいました…残念!
いつもなら試合のレビューを別に書きますが,
今日はこの日本対ドイツ戦をなんとNHK地上波で放送の予定!(16時~)
ですので,是非そちらを直接ご覧いただければと思います.
イギリス対コロンビアは意外に大差がつきましたね.
イギリスも徐々に序盤の硬さがとれてきたのか,調子を上げてきています.
カナダ対ポーランドも前半は一進一退の展開でしたが,
最終的には34得点12アシスト9リバウンド(もう少しでトリプルダブルだった!)の
パトリック・アンダーソン率いるカナダがポーランドを突き離し,
ここまで無傷の3連勝です.

この結果,プールAではオーストラリアが全勝で決勝トーナメント進出を決めましたね.プールBではカナダとドイツもここまで全勝で決勝トーナメントへの切符を手にしています.

女子
予選プールA
ブラジル    37-42 イギリス
オーストラリア 50-57 カナダ

予選プールB
アメリカ    67-33 メキシコ
フランス    32-76 ドイツ

プールAの2試合はどちらも接戦でした.
ブラジル対イギリスは,第3Qまではブラジルがリードしてはイギリスが追い付く,という展開.
ライブで観ていましたが,決勝トーナメント進出がかかる試合だっただけに,
イギリスもかなり必死に食らいついていきました.
第4Q,イギリスのエース#7・Helen Freemanがボールをコントロールし,ディフェンスが出てきたらスクリーン&ロール,インサイドをケアしてひいたらミドルシュートと大活躍.
マークをうまくひきつけたところでセンターのAmy Conroiが高さで勝負し,一気に試合をひっくり返しました.

もう一つのオーストラリア対カナダも最後までもつれましたね.
第4Q残り1分29秒でオーストラリア50-51カナダ,という大接戦.
でも,やはり試合を決めたのはカナダの大エース,Janet McLachlan.
ファールゲームをしかけたオーストラリアですが,ジャネットのフリースローは固かった.
ここまで苦戦が続いていたカナダ.今日のブラジルとの一戦,そして明日のイギリス戦で,決勝トーナメント進出を決められるかどうか,注目です.
プールBはアメリカ・ドイツ・中国が決勝トーナメント進出を決めましたね.
中国はここまであまり話題に上っていませんが,やっぱりプールBに入ったことはラッキーだったと言えるでしょう.
決勝トーナメントに入ってからの戦いに注目したいと思います.

というわけで,予選リーグも佳境に入ってきました.
ここからは,単に決勝トーナメントに行くというだけでなく,
何で予選を通過するか,という決勝トーナメントの組み合わせがかかってきます.
そのあたりにも注目して,今日の試合を待ちたいと思います.

日本はコロンビア戦が18時45分から!
今日も実況ツイートしますので,よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会