London2012 Day4

こんにちは!ばなです。
昨日ロンドンに入りました。
こちらは気温も高くなく、非常に過ごしやすい陽気です。

さて、移動中で更新できなかった大会4日目のレビューです。

大会4日目

男子予選プールA
南アフリカ   32-62 イタリア
オーストラリア 65-49 アメリカ
スペイン    67-64 トルコ

男子予選プールB
コロンビア   49-63 日本
ドイツ     66-73 カナダ
ポーランド   58-87 イギリス

女子予選プールA
カナダ     66-51 ブラジル
オランダ    49-58 オーストラリア

女子予選プールB 
ドイツ     56-50 中国
メキシコ    50-42 フランス

この日の注目は、ここへきて俄然男子イギリスが調子を上げてきていること。
世界選手権などでもそうですが、予選はあれ?いまいちだなー、と思っていても、
最後にはきっちりメダルを取っている、という、そういうチームです。
今日もトルコの2人の名シューターFilipskiを10得点、選手兼HCのLuszynskiを6得点に抑え、
またみずからは暴れん坊の異名をとるBywaterが22得点、
シューターのHighcockとクラス3のビッグセンターSagarがそれぞれ14得点と、
バランスよく得点を積み重ね、87点の大量得点でトルコを下しました。

女子はほぼ順当な結果になっていますが、
中国の奮闘が光りますね。
中国はすでに決勝トーナメント進出を決めていますが、
この後の戦いに期待です。

日本はこの日、コロンビア戦で今大会の初勝利を挙げました。
詳しくはツイッター中継をしたもののまとめがありますので、
そちらをご覧ください。

ロンドンパラ車椅子バスケ予選 日本対コロンビア(togetter)
http://togetter.com/li/366310

続いて予選リーグ最終日となります大会5日目のレビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

伊藤真吾/いとうしんご

Jキャンプスタッフ、広報担当 2007年からNO EXCUSEを撮影し始め、車椅子バスケットボールに関わり始める。 Jキャンプ2008に撮影ボランティアで参加し、その後スタッフになり、 チャンスがあれば海外大会への観戦・取材にも飛んでいく。 【2008年・中国】北京パラリンピック 【2010年・中国】広州アジアパラ競技大会 【2011年・韓国】ロンドンパラリンピックアジア・オセアニア地区予選 【2012年・イギリス】ロンドンパラリンピック 【2013年・アメリカ】全米大学車椅子バスケットボール選手権大会