【No.61】J Camp 20+1 year anniversary – Messages from Coaches (20+1周年にあたって、海外講師の皆さんからのメッセージ)

Twenty years… Has it really been that long 🙂
I am so proud of my involvement with “J” Camp and the Japanese Adaptive Sport community. I have been able to see how J Camp has not only transformed the lives of the athletes who have attended, but how it impacted the community. Those original ripples that were created 20 years ago are still flowing today as a culture was created and standards established. I am proud of that and like to think that I played a small part in the growth of wheelchair basketball and adaptive sport throughout Japan.  

Dan Ferreira

Proud J Camp Coach

20年…もうそんなに経ちましたか?
Jキャンプとの関わり、そして日本の障がい者スポーツとの関わりを持てたことを誇りに思っています。Jキャンプは、参加したアスリートたちの人生を変えただけでなく、障がい者スポーツのコミュニティに影響を与えてきたと感じています。20年前に作られた波紋が、カルチャーと基準が確立したことで、今もしっかり広がり続けているのが分かります。私はそれを誇りに思いますし、自分が日本における車いすバスケ、そして障がい者スポーツに少しでも貢献できたことを嬉しく思います。

Dan Ferreira (ダン)

誇り高いJキャンプコーチ

********

Dear J-Campers, staff, and coaches,

Jキャンパー、スタッフ、コーチの皆さん

It is crazy to think that it has been seven years since being in Japan working hard and sweating on the basketball court with you. A lot can happen in that time and I’m sure each of you have had incredible new adventures within and outside of wheelchair basketball. I reminisce on my experiences with each of you on a regular basis, and still share the story of me trying to announce Ryo for an award and couldn’t pronounce his name correctly so everyone sat in absolute silence until Hiro took the microphone and announced the award on my behalf. It was a bit embarrassing at the time but is a great memory of the many times I was able to see smiles on J campers’ faces. I still cherish that I was nicknamed “Fun Jake”. There are so many things that we often get caught up in life and sport that we forget to have fun and just enjoy life. That is something that I hope each of you have taken a moment from time to time to just have fun and pass that happiness on to those around you.

日本で皆さんと一緒にコートで汗をかきながらハッスルしていたあの時からもう7年が経ったなんて信じられません。その間、たくさんの出来事があったと思いますし、車いすバスケにおいてでもそうでなくても、皆さんそれぞれが新しい経験をしてきたと思います。私は今でもよく皆さんとの思い出を振り返っています。その中で特に覚えていて周りの人によく話すことがあります。賞の発表をするときにリョウの名前を正しく発音できなくて、皆が静まり返ってしまい、ヒロがマイクを取って代わりに発表してくれたことです。当時は少し恥ずかしかったけど、Jキャンパーの笑顔が見られた数多い思い出の中の1つです。皆さんから”Fun Jake”というあだ名をつけてもらったことも良い思い出です。私たちは人生やスポーツにおいて色々なことに気を取られてしまい、ただ楽しんだり、人生を謳歌することを忘れてしまうことがあります。皆さん一人ひとりが時々立ち止まってただ楽しんだり、そのハッピーな気持ちを周りの人と共有してくれていたら嬉しいです。

I moved back home after college and started up a local wheelchair basketball program since the closest program for any adaptive sport was over 2 hours away. Leading up to COVID we were having practices on a weekly basis and held annual community events as well as 3 on 3 fundraiser tournaments with our regional universities. I have been pushing more and more colleges to start their own adaptive sports program including James Madison University (JMU), University of Virginia (UVA), Roanoke College, and Virginia Tech (VT). JMU has purchased 12 program chairs and hosts weekly open court practices for all students regardless of disability. UVA and VT, where I have helped the most in starting a collegiate wheelchair tennis program, both have one full-time student and are seeking one more student with a disability to fully establish their program. 

私は大学を卒業してから故郷に帰ったのですが、一番近い障がい者スポーツプログラムは2時間以上離れたところにあったため、地元に車いすバスケのプログラムを立ち上げました。コロナになるまでは毎週練習をしていて、地域イベントも毎年開催したり、募金活動の一環で近隣の大学と一緒に3 on 3の大会をやっていました。ジェームズ・マディソン大学 (JMU)、バージニア大学 (UVA)、ロアノークカレッジ、バージニア工科大学 (VT)など、より多くの大学が独自の障がい者スポーツプログラムを始めるよう推奨もしてきました。JMUはバスケ車を12台購入して障がいの有無にかかわらず参加できるような機会を全学生を対象に毎週提供しています。UVAとVTは特に私が時間をかけて車いすテニスプログラムの立ち上げのサポートをしたところですが、各校とも一人の学生が参画中で、活動を軌道に乗せるためにもう一人参画してくれる障害を持つ学生を探しているところです。

I have recently moved up to Maryland to be closer to my girlfriend and new job at an adaptive sports non-profit called Move United where I get to work with a variety adaptive sports. My girlfriend and I are helping the University of Maryland begin the framework for establishing their own collegiate wheelchair tennis program as well. I help coach wheelchair and adaptive tennis at JTCC training the next generation of players, as well as some older athletes who are just acquiring their disability. I am working closely with many leaders of adaptive sports to help shape the athletic pipeline for athletes and coaches, integrating collegiate sports, and provide better access to sports as a whole. 

I was disappointed that I wasn’t able to visit with many of you during the Tokyo Paralympics due to travel restrictions, but I will certainly make the trip again in the future. I am even working on my Japanese through some language apps so that hopefully I can pronounce Ryo’s name perfectly upon my next visit.

I wish each and every one of you the best in whatever life holds. Keep working hard to better yourself and those around you on and off the court, but don’t forget to remember to always have fun.

Best wishes,

‘Fun’ Jake

最近はガールフレンドがいるメリーランド州に引っ越して、Move Unitedという障がい者スポーツを促進している非営利団体で新しい仕事を始め、様々な障がい者スポーツに関わっています。今は彼女と一緒に、メリーランド大学での車いすテニスプログラムを立ち上げる手伝いをしています。JTCC (Junior Tennis Champions Center)でも車いすテニスとアダプティブテニスのコーチングを手伝ったりして、次世代だけでなく最近障がいを持ったもう少し上の世代の選手たちのサポートをしています。障がい者スポーツにおけるリーダーと連携して、選手やコーチのパイプ強化、大学スポーツへの統合、スポーツ全体をより身近に感じてもらえるような取り組みをしています。

コロナによる行動制限で東京パラリンピックの時に皆さんに会いに行けなかったのはとても残念でしたが、絶対にまた日本を訪問します。次に訪問するときにはリョウを正しく発音できるようにアプリで日本語の勉強もしていますよ。

皆さん一人ひとりのこの先の人生が幸多きものになるように願っています。コート上であってもそうでなくても、自分自身だけでなく周りの人もより良くできるよう努力を続けてください。でも常に楽しみながらやることを忘れないでくださいね。

‘Fun’ Jake (“ファン”ジェイク)

********

The proof in the success of J camp and the development of players and coaches over the last twenty years was seen on the court at the 2020 Tokyo Paralympics. Well done establishing an amazing camp. Here’s to another 20 years!!
Janna Mizens

この20年間におよぶJキャンプの成功と選手・コーチの発展は、東京パラリンピックでの功績で見事に証明されましたね。素晴らしいキャンプを確立したこと、本当におめでとうございます。次なる20年にも期待しています!

Janna Mizens (ジャナ)

********

My name is Matt Buchi and I was fortunate enough to help coach at several J-Camps over the years. J-Camp and the country of Japan will always have a place in my heart because of the time I spent with the campers and staff. Wheelchair Basketball has changed my life by giving me the opportunity to get a college education and travel the world. It was always so exciting for me to travel to Japan and though we do not share the same language, basketball was our common language and we got to learn from each other.

I am currently starting my 10th season as Head Coach of the University of Illinois Men’s Wheelchair Basketball team. Everyday, I get the opportunity to work with individuals with disabilities to teach life lessons through basketball and help student-athletes achieve their academic, athletics and life goals.

Congratulations to J-Camp on their 20th anniversary! I wish everyone all the best and many more so I may return and see you all again. ありがとうございました

Buchi

ブッシーです。これまで何度かJキャンプでコーチできたことを光栄に思います。キャンパーとスタッフの皆さんと一緒に過ごしたかけがえのない時間があるから、Jキャンプと日本は僕にとって特別な存在です。大学に行ったり、世界中を旅するきっかけを与えてくれた車いすバスケは、私の人生を変えてくれました。日本に行くのもいつも楽しみにしていました。僕たちは同じ言語は話しませんが、バスケットボールという共通言語のおかげでお互いから学ぶことができたと思います。

私は現在、イリノイ大学の男子車いすバスケチームのヘッドコーチとして10シーズン目を迎えました。毎日、障がいを持った選手たちにバスケを通して人生について考える機会を与えたり、学生アスリートが学業、スポーツ、そして人生における目標を達成できるようサポートしています。

Jキャンプの皆さん、20周年おめでとうございます!また皆さんに会えるように更なる発展を祈願します。“ありがとうございました”

Buchi (ブッシー)

********

To past J Campers, thank you for your vision and hard work to ensure that this camp would continue for this long!  Thank you for welcoming me into the J Camp so kindly and warmly 😊 I hope you have continued your love for wheelchair basketball in some way, whether it’s playing, coaching, officiating, or administrating.  Your impact on the sport in Japan goes beyond just the camp!

Currently, I’m the head coach for women’s wheelchair basketball at Illinois.  Each day, I get to coach 11 amazing young women who are learning who they are as women, students, and basketball players.  I hope the time they spend with me and in our program helps them to realize that they bring value to our world and they have the right to show up in this world as they are.  I hope I create an environment of belonging on the team, so that our student-athletes know that they can bring all of who they are here and our team is better because of that!  Through working with our student-athletes, I hope that we begin to change the way disabled women know their value and show up in the world!

Stephanie Wheeler

過去のJキャンパーの皆さん、皆さんのビジョンと努力によって、ここまで長きにわたりJキャンプを続けてくれてありがとうございます!そして私を優しく温かくJキャンプに迎え入れてくれてありがとうございました。皆さんが、選手、コーチ、審判、運営者など、どんな形でも車いすバスケを愛し続けていてくれてたなら嬉しいです。皆さんが日本の車いすバスケに与えてきた影響は、キャンプにとどまりません。

現在、私はイリノイ大学の女子車いすバスケチームのヘッドコーチをしています。毎日、私は11人の素晴らしい若い女性たちをコーチし、彼女たちが女性として、学生として、バスケ選手としての自分自身の在り方を模索するためのサポートをしています。彼女たちが私と過ごす時間やチームでの活動を通して、ありのままの自分でいるだけで彼女たちは社会に価値をもたらしているということに気づいてくれたらと思っています。彼女たちが帰属意識を持てるようなチーム環境を目指していて、学生アスリートである彼女たちが自分らしくいていい、それがチームをより良くするということを分かってもらいたいです。学生アスリートとの活動を通して、障がいを持った女性たちが自分の価値を認識し、社会で活躍するきっかけを作れたらと思います。

Stephanie Wheeler (ステフ)

********

Thank you J campers, staff and volunteers for the amazing memories and hospitality! What a privilege it has been to be a part of the legendary J camp. Its so fantastic to see so many J campers grow and excel whether it is in your clubs or on the national team. I continue to strive for more inclusive societies for persons with disabilities all over the world and to support wheelchair basketball players on their path. I hope I will get the chance to work with you again!

Best wishes,

Mina Mojtahedi

Jキャンパー、スタッフ、ボランティアの皆さん、素敵な思い出とおもてなしをありがとうございました!名高いJキャンプの一員になれてとても光栄でした。クラブチームや日本代表の選手として羽ばたく多くのJキャンパーの活躍を見られるのは本当に素晴らしいです。私は今も、世界中の障がいを持った人々にとってのインクルーシブな社会の実現に向けた努力を続けていて、車いすバスケ選手の挑戦もサポートしています。また皆さんと一緒に何かできる日を楽しみにしています!

Mina Mojtahedi (ミナ)

********

Hi J Campers.

I hope this message finds you all doing well. It has been many years since I worked J camp but my experience left a lasting impression on me. I continue to coach youth in my home state of Wisconsin and look forward to every opportunity I have to share my knowledge.  Wheelchair Basketball is an amazing sport. If you work hard, learn and continue to improve basketball can provide many positive things for you.

Amy “Crow” Spangler

Jキャンパーの皆さん、お元気ですか?

Jキャンプに参加してから何年も経ちましたが、当時の経験は今でも強く印象に残っています。私は現在も故郷であるウィスコンシン州でユースのコーチを続けていて、自分の知識を共有できる機会をいつも楽しみにしています。車いすバスケは素晴らしいスポーツです。努力し、学んで、上達し続ければ、バスケはあなたにとってたくさんの幸運をもたらすと思います。

Amy “Crow” Spangler (エイミー)

********

Hello everyone!  I had such an amazing time teaching you and learning from you all at Jcamp.  The culture of wheelchair basketball is strong in Japan because of you and I know we are all focused on creating a more inclusive world for each person to live the best life they can. 

Steve Serio

こんにちは!Jキャンプで皆さんをコーチしながら多くを学んだのは素晴らしい経験でした。日本の車いすバスケ文化が力強いものになっているのは皆さんがいるからです。そして一人ひとりが最高の人生を送れるように、よりインクルーシブな世界の実現に私たちみんなが取り組んでいるのだと確信しています。

Steve Serio (スティーブ)

(翻訳協力 河原あゆ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Jキャンプスタッフ、通訳・国際事業担当。 日本にて車椅子バスケ各種大会や車椅子バスケ、車椅子ラグビーなどのキャンプで通訳として活動したあと渡米。 イリノイ大学大学院でスポーツマネージメントを専攻しつつ、同大車椅子バスケ部のマネージャー、アシスタントコーチをつとめる。 2008年夏に卒業後、現在はカナダ・バンクーバーのBC Wheelchair Basketball Societyにてプログラムコーディネーターとして働く。 また、これまでも趣味としてプレーをしてきたが、障害が無くとも公式戦に出場ができるカナダでプレーヤーとして活動しはじめる。 2011年に行われたU25女子世界選手権大会には日本代表チームのACとして参加。